『テラモリ』が面白い!元気になれるお仕事ラブコメディの魅力

『テラモリ』が面白い!元気になれるお仕事ラブコメディの魅力漫画

漫画『テラモリ』は、小学館のWebコミックサイト「裏サンデー女子」、漫画雑誌アプリ「マンガワン」で連載された作品です!

スーツ屋でバイトを始めた大学生の陽の、成長と恋を描いています。物語前半はスーツ屋のお仕事に重きが置かれており、後半は甘々のラブストーリーが楽しめますよ!

私はもともと「マンガワン」で読んでいたのですが、すっかりハマってしまい単行本も購入しちゃいました!
なんとなく元気が出ない、やる気が起きない……そんなときにぴったりの漫画です。

ひょんなことからスーツ屋「テーラー森」でアルバイトすることになったヒロインが、仕事に恋に奮闘! 『テラモリ』のあらすじや魅力に迫ります。

※一部ネタバレになる箇所もあるので、未読の方はご注意ください。

『テラモリ』あらすじ

就活なんてまだ早い! 大学2年生の高宮陽は、学生時代を謳歌するためにバイトをしようと面接に向かう。
ところが直前にアイスを食べまくったせいで腹痛に。トイレを借りるために、たまたま見つけたスーツ屋にダッシュで駆け込んだ。

そこで見つけた「アルバイト募集」の張り紙……。
高い時給に目がくらんだ陽は、スーツ屋「テーラー森」に電話をかけるのだった――。

『テラモリ』登場人物

物語を彩る登場人物をご紹介します。

高宮陽

本作の主人公。くるくるの髪型が特徴の大学2年生。高い時給に惹かれてテーラー森でバイトすることを決める。
ハッキリサッパリな性格のゲームオタク。

平尾宗隆

テーラー森中央店の副店長。仕事にはとにかく厳しいが部下思いで、他の従業員には慕われている。

朝倉戒道

テーラー森中央店の契約社員。明るいムードメーカーで、店のアニキ的な存在。

春日原花

テーラー森中央店の従業員。陽のお姉さん的存在。

柳川慎太郎

テーラー森中央店のアルバイト。幼い顔立ちをしているが、店員としてめちゃくちゃ優秀。

他にも個性的なキャラクターがたくさん登場します!

ここが面白いよ『テラモリ』

作品の面白さをお届けします!

1.スーツに関する知識を楽しみながら学べる

著者のikoさんが実際にスーツ屋で働いていた経験もあるということで、スーツに関する知識がたくさん詰まっています。
難しい表現はなく、楽しく学べるのが嬉しいんですよね~!

スーツはもちろん、ネクタイやネクタイピン、靴、ワイシャツのことなど、すごく勉強になりますよ。

普段フォーマルな格好をしない方でも、プレゼント選びや結婚式などで役立つと思います!

2.スーツ屋の裏側が見られる

本作では、アパレル業界のシビアな現実も描かれます。

スーツ屋は覚えること、やることがたくさん! 接客だけをしていればいいわけはありません。掃除、商品の検品、バックヤードでの作業、棚卸しなども仕事の一部。もちろん売上だって獲得しなくてはいけません。

アルバイトを始めたばかりの頃の陽は、仕事が終わるころにはげっそり……(平尾には「ゾンビ」って呼ばれています)。

もちろんアパレル業、接客業だからこそ得られる喜びや楽しさも描かれています。
たくさんの努力と苦労を越えてチームワークが良くなっていくんだなと改めて感じられました。働き甲斐があるって素晴らしい……!

3.陽の成長物語

最初こそお金のためにとバイトを始めた陽ですが、だんだんとテーラー森でやりがいや楽しさを感じるようになります。
自分を「ゾンビ」「やる気がない」という平尾を見返そうと奮起し、店員としてどんどん成長していくんです!

気づけば中央店にとって不可欠な存在に……。
少しずつ顔つきが変わっていく姿、お客様のために知識を増やしていく陽を応援したくなります。

4.ギャグと真剣なシーンの絶妙なバランス!

この作品の何がいいって、ギャグシーンが良い! どのキャラクターも表情豊かで、顎が伸びたり劇画チックになったりとギャグ顔がたまりません!

真剣でシリアスなシーンとのバランスも良く、さらにテンポもいいので一気読みしたくなっちゃうはずです。

5.どうなる陽の恋!

物語後半では、陽と平尾の恋模様が描かれます。

これがもう甘々キュンキュン、だけどじれったい! 素直じゃない陽と、陽にだけデレる平尾の普段とのギャップがたまりません~~~!

くっつきそうでくっつかない2人の恋の行方が気になります。

『テラモリ』続編が配信中!

『テラモリ』を読んで、曇った気持ちを晴らしちゃいましょう~!

本編の連載は終了しましたが、2020年8月からスピンオフ『テラモリ アンコール』が配信中です。

陽をはじめ、登場人物たちのその後の物語を読むことができますよ!
気になった方は下のリンクからチェックしてくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました