ひんやり冷たい! アイスクリームの絵本まとめ

アイスクリームの絵本まとめ本・書籍

暑い夏に食べたいものと言えば、アイスクリーム!

ここでは、ひんやり甘~いアイスクリームの絵本をまとめました。

私はアイスが大好きなので季節関係なく毎日食べたいんですよね……! みなさんはどうでしょうか。

『ノラネコぐんだん アイスのくに』

「ノラネコぐんだん」シリーズの6作目。ワンワンアイスパーラーの店内を覗いていたノラネコぐんだんは、空っぽになったアイスの入れ物に潜り込み――!?

お約束通りの展開だけでなく、今作では感動のシーンもありました。工藤さんの描く食べ物って、本当に美味しそうなんですよね~!

『おばけのアイスクリームやさん』

森でアイスクリーム屋さんをしているおばけ・ぼんちゃんのお話です。出会った動物たちに、さまざまな形のアイスをふるまいます。

イラストや物語はシンプルながら、擬音の使い方が楽しくてクセになりますよ。

『アイスクリームおうこく』

アイスをこよなく愛する王さまが、一番おいしいアイスを追い求めるお話です。朝も夜もいつでもアイスが食べたいって、なかなかですよね(笑)

ちょっと変わった夢いっぱいのアイスがたくさん登場します。一番おいしいアイスにはちょっと驚きもありましたが、納得でした。

『アイスクリームの絵本』

アイスクリームのことを知るのにぴったりの絵本です。アイスの歴史や世界のアイスについても学べますよ。

氷と塩があれば作れる!? 作り方を見ながら実際にアイスを作ってみるのがおすすめです。

『アイスクリーム、つくります。』

小学1年生のごんちゃんは、同じクラスのみんなとアイスクリームを作ることに。材料は先生が持ってくることになっているのに、特別な卵を勝手に持ってきてしまい……?

先生に言われた言葉で傷ついて怒ってしまったごんちゃん。ちょっと先生~! と思いましたが、最後はちゃんと解決できて良かったです。

私も、年齢なんて関係なく「ごめんなさい」と言える人でありたいなぁ……。

『ポコポコアイスクリーム』

アイスクリーム屋さんを目指す謎の生き物ポコポコ。さて、どんなアイスを選ぶのでしょうか?

「ポコポコおやつえほん」シリーズの2作目。

んまぁ~色鮮やかなアイスが並びます! 自分だったらどのアイスにしよう? と思わず私も悩んじゃいました。

『ぼくはアイスクリーム博士』

アイスクリームが大好きなジョーは、おじいちゃんへの手紙に夏休みの楽しかったことを書いています。

計算問題などの勉強も、アイスがあればできる! まるで夏休みの自由研究のような内容で、アイスクリームの歴史も学べます。

『くまさんアイス』

くまさんアイスを買ったコブタのプリンくんはアイスが溶けないように持って帰ろうとしています。ところがその道中でさまざまな動物たちに声をかけられてしまい――?

アイス大丈夫? と心配になっちゃいましたが、もちろんハッピーエンド。いろんなおやつが出てきてほっこりしますよ。

『おさるのジョージ アイスクリームだいすき』

暑い夏の日、アイスが買えず、プールにも入れずションボリなジョージ。ついにアイスクリーム屋さんの車を見つけますが、店員さんがいなくて……?

今作でもジョージが騒動を巻き起こします。ちょっとハラハラしますが、なんだかんだ上手くいっちゃうからすごい!(笑)

『ばばばあちゃんの アイス・パーティ』

「ばばばあちゃんのおはなし」シリーズの一作。ばばばあちゃんと子供たちが、果物やお菓子を製氷皿に入れて氷菓子を作ります(アイスクリームじゃない)。果たしておいしくできるのでしょうか……?

自分だったらどんなものを入れよう? とワクワクしてきます! 手軽にできるので、試してみたくなっちゃいますね。

ひんやりアイスを絵本で堪能しよう!

アイスクリームの絵本をご紹介しました。ぜひ暑い日に読んでみてくださいね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました