これが少女漫画⁉︎ 衝撃的展開が繰り広げられる漫画

これが少女漫画⁉︎ 衝撃的展開が繰り広げられる漫画漫画

「これが少女漫画で連載されていたの……!?」
そんな衝撃的だった作品をご紹介します。
少女漫画って、素敵な男性と恋をして……だけじゃないんです!

ベタベタな恋愛漫画って苦手なんだよね、という男性にもおすすめです。

『パートナー』

~あらすじ~
双子の苗と萌は、同じく双子の賢と武と仲良くなる。
いつのまにか賢のことを好きになっていた苗だったが、萌が賢が恋人になっていたため諦めていた。
ある日、苗は賢をめぐって萌と喧嘩をしてしまう。その後、頭を冷やし謝ろうとするが、萌が事故死。さらに、病院から遺体が消失してしまう。

主人公の妹が死んでしまうという衝撃の展開から始まる本作。
旅行先で「生きる人間剥製」となった萌を見つけた苗・賢・武が、謎の実験が行われている施設に監禁され脱出するまでが描かれています。

腕がもげる、死んだ人間を使った実験、拳銃、ウイルス、爆発など、少女漫画とは思えない単語が出てくる出てくる……。
しかしそこにはさまざまな人間模様がうごめいており、涙なしには読めません!

この作品、小学生の頃にリアルタイムで読んでいたんですが、よく読めたなって感じです笑

『BASARA』

~あらすじ~
白虎の村に、「運命の子供」として双子が生まれた。
兄のタタラが「運命の少年」を名乗り、国を救う希望だとして村中の期待を背負っている一方、妹の更紗は自分の存在意義について悩んでいた。
2人が15歳を迎えた日に、赤の王の軍勢が村を襲撃。更紗は、兄と父を目の前で殺され、母も連れ去られてしまう。
村人たちが失意に飲み込まれる中、更紗は髪を切り、タタラとして生きることを決意する。

文明が崩壊してから300年経った日本を舞台にした壮大な戦記です。

第1話で家族を失うことになる更紗。「え!?」って感じです、ほんと。目の前で家族が殺されているにも関わらず、村人を救おうと立ち上がる姿には胸を打たれました。だって、15歳ですよ……。

更紗はこれ以降「タタラ」を名乗り、赤の王を討つべく仲間たちとともに旅に出ます。そして、旅の途中で出会った朱理と惹かれあい、お互いの正体をしらないまま恋に落ちるのですが……。

とにかくスケールが大きい! 内容としてはかなり重いですが、読みごたえは抜群です。

『さよならミニスカート』

~あらすじ~
アイドルグループ「PURE CLUB」のセンターに立つ雨宮花恋(本名:神山仁那)は、握手会の最中に刃物で手首を切られてしまう。
犯人は逃走。仁那はアイドルを辞めてしまうのだった。
その後、仁那は髪を切ってスラックスを履き、アイドルだった過去を隠して学校に登校。「女子なのになぜスカートを履いていないのか?」と、浮いた存在になっていた。

「女らしさ」「男らしさ」といったジェンダーに翻弄され、悩み苦しむ少年少女たちの姿を描いた作品です。
「このまんがに、無関心な女子はいても、無関係な女子はいない。」と、りぼん編集部でも絶賛され話題となりました。

私はこの作品を読んで、「女の子なんだから」「男の子なんだから」などと言ってしまっていたことがあるかも……と反省しました。
なんなら、自分で自分の首を絞めていたこともあったのかも、と。

2019年に休載となり、2021年3月現在も連載は再開されていないそうですが、続きが読める日がきたらいいなぁと思います。

バナナフィッシュ

~あらすじ~
胸から血を流した男から「バナナ・フィッシュ」という言葉とともに、ロケットペンダントを受け取ったアッシュ。
「バナナ・フィッシュ」とは、ベトナム戦争帰りで精神を病んだ兄がまれにつぶやく言葉でもあった。
アッシュは、兄が廃人となった原因がこの言葉にあると察知。偶然出会った奥村英二と「バナナ・フィッシュ」の謎を追っていくうちに、大きな陰謀に巻き込まれていく。

望まぬ才能を持って生まれたアッシュの壮絶な人生、アッシュと英二の友情、マフィアのボス・ゴルツィネや華僑の裏社会などを巻き込んだ戦いなどが描かれます。
映画のような壮大な物語。
ハードボイルドで重苦しい展開が続きますが、間違いなく傑作です。性別を越えた愛、友情に胸を打たれました。

正直、最初の方は読みにくくて、話も少し難しいなぁと思っていたんです。でも、だんだん概要を掴みだすと先が気になって気になって! 最後はいろんな感情が溢れましたね……。

『残酷な神が支配する』

~あらすじ~
ある夫婦が交通事故に遭った。妻のサンドラは亡くなり、夫のグレッグも時間の問題だと言う。
悲しみに暮れるサンドラの息子ジェルミ。一方グレッグの息子イアンは、父がサンドラと再婚して以降、おかしなことが続くと感じていた。
父は事故に遭ったのではなく、ジェルミに殺されたのでは……?
真実を追求しようと奔走するイアンを待ち受けていたのは、衝撃の事実だった。

共依存状態だった母サンドラとの関係に付け込まれ、継父グレッグに性的虐待を受け続けたジェルミ。思い描いていた父親像が壊れていくのを目の当たりにし混乱していくイアン。
2人の目線で過去と未来、崩壊と再生が描かれます。

ハッキリ言って、かなりエグいしヘビー。読み手を選ぶ作品だと思います。私も、あまりに辛くて何度か読む手を止めました。
精神的に安定していて、体力のあるときじゃないと読めないくらい苦しい。でも、読んだんだから最後まで見届けたい、みたいな。
萩尾さんは、やはりすごい。どの作品も本当に考えさせられます。

『お父さんは心配症』

~あらすじ~
娘を思うあまりトンデモ行動を起こす佐々木光太郎(パピィ)と、父に振り回される高校生の典子、そして周囲の人々の日常を描いたコメディ作品。

もうね、パピィがやりたい放題です!笑
結構大人になってから人に勧められて読んだんですけど、衝撃を受けました。
変態と変人だらけだし、こんなに血が出る少女漫画あるんだ!? と。しかも「りぼん」連載だとは!

過激と不憫の連続なんですけど、なんか「ふふっ」てなっちゃうんですよね。
とにかくぶっ飛んだ漫画が読みたい方におすすめです。かなり中毒性があります。

いつもとは違った作品を……

過激な内容や、目をそむけたくなるような内容のものもありますが、自分はこれらの作品を読んでそれぞれ感じるもの・得られるものがありました。

ぜひ読んでみてください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました