「書く」のが苦手な方に!文章の書き方のおすすめ指南本

「書く」のが苦手な方に!文章の書き方のおすすめ指南本本・書籍

「文章書くのって苦手!」という、そこのアナタ!

実際に読んでみて、分かりやすかった・読んで良かったなと思った指南本をご紹介します。

実は私、数年前は文章を書くお仕事をやっていまして。
たまたま流れで担当になったので、最初は「書けないよ! 小学生の頃、作文とか苦手だったんだから!」って思っていたんです。
でも、これらの本に助けられながら、なんとか形になるようになったんです。

このブログでは上手い下手を意識せず好きなように書いているので、あまり説得力はないかもしれませんが笑
ぜひ参考にしてみてください。

『めんどくさがりなきみのための文章教室』

作文を書けずに悩んでいた中学生・健の前に現れたのは、猫「マ・ダナイ」! ぽっちゃり猫による、不思議なレッスンが始まります。

「夢水清志郎」シリーズや「都会のトム&ソーヤ」シリーズで知られる作家・はやみねかおるさんによる文章指南書。
「そもそも何を書いたらいいんだろう……」と悩んでいる方、文章を書くことからしばらく離れてしまっている方におすすめです。

文章の基礎を物語で解説。健とマ・ダナイのストーリーを楽しみながら学べるのがうれしいですね! 小中学生向けの本ではありますが、だからこそ読みやすくて頭にも入ってきやすかったです。

学生であれば作文や読書感想文、大人であればメールの文章や資料作成などにも役立つと思います。

『新しい文章力の教室』

「コミックナタリー」などの編集長を務めてきた唐木元さんの著書。

少し文章が書けるようになってきたあと、文章の整え方を学びたいときに読みたい本です。
知識系といよりは実践的な内容が主で、最後まで読まれる文章とはどんなものか? を、全5章で教えてくれます。
今後、本格的にライターとして食べていきたいという方にもおすすめです。

「分かっているつもりだったけど、やってしまっていた表現」など、細かいテクニックもたくさんあって勉強になりました。

個人的には、文章構成や流れのつかみ方がすごく分かりやすかったです。
構造シートなるものがあり、これがめちゃくちゃ役に立ちます。社会人になると、とにかく文章を書くことが多いですから……汗

『マジ文章書けないんだけど』

「少しライトに学びたい」という方におすすめしたいのがこちら。エントリーシートが書けない大学生が、謎のおじさんの指導の下、文章の書き方を学んでいきます。

自分の作った文に「なぜ?」の部分を入れながら書き進めていくなど、文章の膨らませ方が秀逸。
また、普段当たり前に使っているけどよく分かっていない「は」「が」の違いについてなども分かりやすく解説されています。

最初は「なんだこのタイトル」と思って手に取ったんですが、めちゃくちゃタメになりました。例題も多いですし、主人公の大学生の気持ちになって読み進められるのも良かったです。

いやでも、大学生のときに出会いたかった~!

『ちびまる子ちゃんの文法教室』

今さら聞けない「文節」「述語」「指示語」など、文法の基礎を学べる本です!

大人向けの「書き方を教えてくれる本」って、文法を知っていることが前提なので、そこで詰まってしまう方もいると思うんです。実は自分がそうだったんですけど。
とはいえ大人向けに文法を解説した本ってなかなかなくて、巡り合ったのが『ちびまる子ちゃんの文法教室』でした。

文章を書けるようになる本というよりは、その前段階についてしっかり学べる本。
児童書なので読みやすいし、まるちゃんの漫画と文法の説明が両方載っているのでとても分かりやすいです。

ネットで調べればすぐに出てくることもありますが、さっと確認できるように持っておきたい本です!

結局は「書く」ことが大事

色々紹介してきましたが、まずは「とりあえず書いてみる」。これに尽きます。
ブログでもSNSでも日記でもメールでもなんでもいいんです。

よく先輩から言われた言葉ですが「本から得た知識は、実行しないことには使い物にならない」ということで、ぜひたくさん書いてくださいね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました