笑いたいならこれ!映画『クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ 栄光のヤキニクロード』

映画『クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ 栄光のヤキニクロード』映画

ここで紹介するのは、映画『クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ 栄光のヤキニクロード』。
劇場版11作目となる作品で、超ドタバタ劇が繰り広げられます。

ネタバレになる部分も多くあるので、ご覧の際はご注意ください。

『嵐を呼ぶ 栄光のヤキニクロード』あらすじ

食卓に並んだ朝食のあまりのみすぼらしさに、お怒りモードのひろし・しんのすけ・ひまわり・シロ。
そんな3人と1匹にみさえが見せたのは、冷蔵庫の中の高級お肉たち!
おいしいお肉で焼肉をしようと家計をやりくりしていたのだった。

ところが、突如現れた白衣の男と、それを追う組織の登場で状況は一変。野原一家は各自に罪を与えられ「凶悪犯」として指名手配されてしまう。

果たして野原一家は、追手から逃げ切り、高級焼肉にありつけるのか……!?

登場人物

今さらしなくても良いでしょうが、本作に関する内容をちょこっとメモがてら人物紹介。

野原しんのすけ

皆さんご存じ、本作の主人公。野原家の長男で5歳。本作では「幼児変態罪」で追われる身に。アクション仮面ときれいなお姉さんが大好き。

野原みさえ

しんのすけの母。「年齢詐称」の罪で指名手配される。短気かつケチ。

野原ひろし

しんのすけの父。「異臭物陳列罪」で指名手配される。足がめちゃくちゃクサイ。

野原ひまわり

しんのすけの妹。「結婚詐欺」の罪で指名手配される。イケメンと宝石が好き。

シロ

野原一家のペット。「集団暴走行為」と「飲酒運転」の罪で指名手配される。カワイイ。

焼肉のために大奮闘する野原一家を描く!

白衣の男に「アレは野原家に託した」と言われた野原一家は、謎の組織に追われ、警察やメディアに追われ、知人友人には拒絶され、高い報奨金のせいで春日部の人にも追われることになってしまいます。

「スウィートボーイズ」という組織がこの騒動に関わっていることを知り、自分たちが「アレ」なんて持っていないことを直接言いに行こうと、本部のある熱海を目指すことに。

夕飯の時間までに解決して、焼肉を全員で食べる! 焼肉を原動力に、動き出します。

なぜか「スウィートボーイズ」の陰謀に巻き込まれてしまう野原一家ですが、とにかく焼肉のために奮闘します!

全部、焼肉のためなんです。そう思ってみると、すごく真剣なシーンも面白くなってきちゃいます。

最高すぎるよトラックを運転していた男の人!

春日部から逃亡するため、各自変装をしていた野原一家。途中、熱海までのヒッチハイクを試みます。

最初はみさえがお色気たっぷりでチャレンジするも大失敗。なんと車が事故をおこしてしまいます(そこまでドン引きしなくても)。

次に、女装したひろしが満を持して登場。そのとんでもない風貌に家族全員が寒気に襲われるのですが、なんと1台の車が止まり、乗せてくれることに。

この人が! 個人的に本作で一番個性を放っていたと思っている人物です!(名前はないんですけど)

女装したひろしに一目ぼれした男は、ひろしが男であり妻子がいることを告げても関係なし。
この男性にとって性別なんてものは無意味で、全部知っていた上でむしろ「燃える」と、もうず~~~っとひろしを見つめているんです。完全なわき見運転ですよ(笑)

この男性のおかげで野原一家は春日部を離れられたものの、追手に追いつかれてしまいます。その後別れることになりますが、男は物語の最後までひろしを探していました。

離れ離れになる野原一家

追手に追いつかれてしまった野原一家は、応戦するものの離れ離れに。
追手から奪ったセグウェイに乗るみさえ、川に流されていたひまわりとシロを回収したひろし、そしてしんのすけは、別々に熱海に向かうことになります。

標識が分からないしんのすけは、知らぬ間に春日部に逆戻り。風間くん、ねねちゃん、ボーちゃん、マサオくんに出会ったものの、なんだか様子がおかしい……。
ここは友情が試されるシーンで、ちょっと感動しました。(あ、こらマサオぉぉぉ!ではある)

このあと4人は、熱海に向かうしんのすけを手伝い一緒に逃げます。
遊園地のシーンは迫力満点かつめちゃくちゃ笑えるので見逃さないでほしいですね~!

しんのすけは風間くんに託された自転車に乗り、ほかの家族も「焼肉を食べる」ことだけを考えて走ります。全員が焼肉を食べている自分を想像(美化)しながら、それはもう必死に(笑)

爆笑必死の戦闘シーン

ついに熱海で再会した野原一家。焼肉を食べるため、ついにキレた彼らは、たくさんの追手と戦います!
いやこの戦うシーンがね、もう名作! 笑うしかないんですよ!

カンフーのように戦うひろし、ひろしの靴を持って走るしんのすけ、ひろしをヌンチャクみたいに振り回すみさえなど、とにかくクレヨンしんちゃんワールド炸裂。
よくよく考えたらだいぶふざけてるんですけど、アクションはしっかり見ごたえもあるし、最高です。

『嵐を呼ぶ 栄光のヤキニクロード』感想

戦闘の後いよいよ組織のボスが登場、白衣の男が野原一家に託した「アレ」の正体も判明します。
これがまた「そんなアホな~」な展開で、戦闘シーンで笑いきっていた自分としてはちょっと尻すぼみな気はしましたが(汗)

果たして野原一家は焼肉を無事に食べることができるのか。ぜひ最後まで見てほしいです。

個人的には『暗黒タマタマ大追跡』と並ぶほぼギャグしかないクレしん映画でしたね。
何も考えずにとりあえず笑いたいな~、楽しみたいな~なんてときに見るのがおすすめです!

いやぁ、最高!

コメント

タイトルとURLをコピーしました